初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

特約だらけの抱き合わせ保険に注意

      2014/06/06

大手生命保険会社の主力商品にありがちな保険の形態として、主契約に多くの特約が初めから組み込まれているタイプの保険があります。

そうしたタイプの保険には、主契約そのものの形が見えにくくなり、結局いつどういう条件でいくらの保険金が支払われるのか、という内容が非常に複雑になるというデメリットがあります。その保険の特性のために、保険の内容もよくわからずに勧められるままに加入して、必要もない特約のために多くの保険料を支払っている人が非常に多い現実があります。

よくある「抱き合わせ販売」に似ており、こうした販売手法の保険には意識して注意する必要があります。

基本的に保険は、主契約単体での申し込みが基本であり、それに特約をつけるとしても、リビングニーズ特約などの必要最低限のものだけを付加する形にしておかないと、保険の形態も複雑になりますし、保険金の支払われる条件もわかりにくくなってしまうので、百害あって一利なしです。

例えば終身保険に加入している状態で、どうしてもある一定の年齢の間だけは終身保険でまかなえない大きな保障が欲しいという場合は、定期保険特約を付けるのではなく、別途定期保険を契約する方がよりわかりやすくなります。

もちろんその場合も同じ保険会社で契約する必要もなく、終身保険はA社、定期保険はB社、個人年金保険はC社などとわけて申し込んでも何も問題はありません。

むしろ、一つの保険会社だけでは、本当にいい保険は選べません。A社は終身保険は内容がいいけれど、定期保険は他社の方が条件がいい、というケースはよくあります。保険の内容ごとに保険会社を吟味し、選択する方が賢い保険の選び方と言えます。

保険は単体契約が基本、特約抱き合わせ方式の保険には、気を付けましょう。

 - 保険あれこれコラム