初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

ネット系生命保険の申し込みと流れ(告知まで)

      2014/06/06

パソコンで申し込み

ネット系生命保険の申し込みは、対面型生命保険と比較すると非常に簡単です。

何より誰にも頼らず自分一人で、インターネットに繋がったパソコンさえあればすべての手続きが完了してしまうからです。

まずは目的の保険のホームページを検索し、そのホームページから申し込みを実施します。

自分の名前や住所、生年月日など必要事項をすべて入力フォームから入力し、さらに保険に加入するにあたっての約款やしおり、注意事項などを確認します。

この部分がかなりの分量があるため、時間を要すると思われます。大体わかってるからいいや、という安易な発想は後々の後悔につながりますので、細心の注意を払い、細かいところまで確認の上で申し込みをするようにしましょう。

よくあることですが、小さな字で書いてある部分にこそ、見逃すと困る内容が書いてあったりもします。時間をかけて約款など全体的な確認を行いましょう。

 

理解できるまでフリーダイヤルに問い合わせる

保険について詳しくない人は、注意事項を確認しても理解できない部分もあると思います。

その時は、フリーダイヤルなどの電話窓口に電話をかけ、必ずわかるまで何度も聞いて、不明点がなくなるまで確認を繰り返しましょう。この電話問い合わせで嫌がられることなどはまずありません。申込みしてくれそうなお客様です、非常に丁寧に教えてくれると思います。

逆に言えば、この問い合わせの電話で対応が悪いようなら、そこで保険会社を替えてもいいかもしれません。対応に不安が残る保険に加入する気にはやはりなれないと思います。

十分保険の内容が理解でき、約款などに納得もできたのなら手続きを進めます。次に必要な作業は、「告知」です。

 

正確に細かく告知を行う

保険に加入する際、もっとも大事な作業がこの「告知」となります。

ここでの告知をもとに、保険会社は保険の引き受けをするかどうか判断を行います。到底通常の条件で引受られないような病歴などを持っている人であれば、条件付きでの加入になったり、そもそも引受を断られることもあります。

かといって、ここでの告知で偽りを書いたりすると、後々それが露見した時には「告知義務違反」として保険を取り消されたり、保険金が支払われる事態に遭遇した場合にも保険金が支払われなかったりという最悪のパターンに発展します。長い期間保険料を支払続けて、最終的に保険金が支払われないなど、なかなか許容できることではないでしょう。

それでも告知義務違反があった場合は、どうすることもできませんので、そういう後々の憂いをなくすためにも、告知は正確に細かく行う必要があります。

過去の病歴や入院歴、投与された薬の名前など、憶えていないような部分も多々あると思いますので、あらかじめ病院に問い合わせておく方がいいかもしれません。

 - 保険あれこれコラム, 未分類