初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

ネット系保険の申し込みと流れ(申込み完了まで)

      2014/06/06

ネット系保険の申し込みの手順で「告知」の入力が終われば、とりあえずほっと一息つくことができます。

慎重に細かく過去の病歴を入力する必要がある告知の入力は、精神的にも疲れるでしょうし時間もかかります。

次に入力する必要があるのは、万が一の際に保険金を実際に受け取る、保険金受取人の情報です。夫が保険契約者で被保険者の場合は、保険金受取人はほぼ妻となると思われます。妻の間違わないように入力をします。当然のことながら、その際妻にも保険金受取人にしているということを伝えておく必要があり、できれば一緒に入力するのが望ましいと思われます。

実際保険金受取の手続きをしなければならないのは妻であり、そもそも保険金の存在自体知らなかったり、手続きの方法を知らなかったりすれば、せっかくの保険が無駄になる可能性もあります。保険契約者と保険金受取人は、しっかり保険の内容を二人で把握しておきたいところです。

保険金の受取人情報の入力が終われば、あとは支払情報などの入力になります。クレジットカード払いなのか、銀行振替なのかなど、支払情報を入力し完了です。

あとは最終確認をして登録するのみです。

保険会社は、ここで入力した情報を元に引受するかどうかを検討します。その後、約一週間ほどで自宅に保険会社から書類が送られてきます。内容としては、解約返戻金についての最終確認だったり、本人確認書類のコピーを添付する用紙だったりと保険会社や保険内容によって異なるようですが、ここでそれらの書類を返送すると手続きが完了します。

保険の契約日や責任開始日は、初めに注意事項や約款で確認した通りとなります。実際に手続きが完了するのに合わせて、見直しであれば以前の保険の解約手続きを同時に進めていいでしょう。保険の空白期間が発生しないようにだけ気を付けて、あとは保険料を無駄に支払わないように注意しながら解約を実施すれば、保険の見直し完了です。

とりあえず一安心ですが、保険申込み手続きが完了しても、保険の手続きは終わりではありません。新しい保険の内容を、ある程度定期的に見直しをし、自分たちの必要保障額などに沿った保障として機能しているかなど、確認する癖をつけておきたいところです。

 - 保険あれこれコラム