初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

解約が面倒な生命保険会社もある

      2014/06/06

新しい保険の責任開始日を確実に確認する

保険の見直しをした際、当然のことながら今まで加入していた保険は解約をする必要があります。

新しい保険に加入したのに以前の保険を残しておいては、保険料の無駄払いになってしまいます。

タイミングとしては、新しい保険の適用が間違いなく開始された月に解約をするように調整する必要があります。早めに解約してしまうと、保険がまったく何もない空白期間が発生してしまいます。

新しい保険の加入手続きが順調に進んだのであれば、どの日から契約は開始となり責任開始日はいつなのかということをしっかりと確認した上で、解約手続きをスタートするようにしましょう。

解約する保険の支払いが、もしクレジットカード払いにしている場合などは、早めにクレジットカードの引き落としだけでも止めておかないと、手続きが間に合わず引き落としがかかってしまう可能性もあります。解約をする場合も保険会社のフリーダイヤルなどに電話をして、解約にはどういう手続きが必要であり、いつ確実に解約ができ、いつまでの保険料を支払う必要があるのかなど、しっかりと確認しておきましょう。

 

解約が面倒な生命保険は担当営業を通す必要がある

生命保険会社によっては、解約を実施する際、専用フリーダイヤルでは解約手続きができないこともあります。

解約を実施する際の流れは、お客様センターのような専用フリーダイヤルで教えてくれますが、実際解約手続きは担当営業を通す必要があると言われることもあります。時間がないので解約のための書類を送ってもらえればいいと説明しても、その場合は対応してくれません。会社としての方針として、頑として聞いてくれず、向こうから担当営業に連絡がいくか、自分で直接連絡をする必要があります。

その担当の営業成績に影響が出るということもあるのかもしれませんが、このシステムが採用されている保険会社は非常に面倒と言わざるを得ません。担当営業によっては必死に解約を思いとどまらせようとしてくることもあるでしょうから、そうした担当とのやりとりが煩わしいからこそ他のチャネルで解約しようとしているのですが、できないと言われること自体、システムとしてどうかと思われます。ネット系保険などでは考えられないシステムとなっています。

ネット系保険を解約する場合は、専用フリーダイヤルで解約したい旨を伝えるか、専用ページから申し込みをすれば、解約請求書などが送付されてくるため、必要事項を記入の上返送すれば解約完了、非常に簡単です。フリーダイヤルに電話をすれば、簡単な引き留めはされるかもしれませんが、ネットで申し込みを行えば、人と一切絡むこともなく解約が完了します。

訪問営業型の保険を解約する場合は、そうした一手間がかかることを覚悟しておきましょう。それが最後と思えば、我慢して乗り切ることはできると思われます。

 - 保険あれこれコラム