初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

医療保険における入院給付金の支払い日数

      2014/06/06

医療保険の基本となる主契約は、入院給付金と手術給付金の部分です。

それ以外の先進医療や通院給付金は特約扱いとなり、被保険者が自由に設定できるつくりとなっています。

その中心となる契約の入院給付金について、医療保険ごとに支払条件や金額などは様々です。保険選びの際に注目したい点もその分いろいろと複雑になりがちなのですが、まずその一つとして、入院給付金の支払い日数があります。

病気になり入院が必要となった場合に、入院何日目から保険金が出て、何日目まで保険金が出るのか、という点です。

入院給付金は、そのほとんどの保険会社で日額5000円から10000円で設定されていて、その給付金額によって保険料も変わってきます。給付金支払条件となる入院日数は、最低1日以上からあります。1日の入院でも給付金が出る保険ならば問題ないですが、「何日以上の入院の時のみ入院給付金支払い」、という条件の医療保険などもありますので注意が必要です。もちろん、受け取る側としては1日の入院から給付金をもらえた方がありがたいですが、どちらがいいかは内容にもよりますので総合的に判断しましょう。

そしてその給付金の支払われる日数が、30日、60日、120日などがあります。現在は60日が一般的で、特定疾患になった時のみ120日に伸びるという医療保険などもあります。

実際の入院日数について、実は60日という入院もよほどの病気の場合に限られ、実際はかなりの確率で30日でも十分足りる日数で退院する人が多いようです。もちろん「がん」など長期の入院が必要なケースもありますので、そうした長期入院が必要な時に給付日数が伸びる保険は、被保険者のニーズに沿っていると言えるかもしれません。

サラリーマンの公的保障は非常に手厚いため、それを踏まえて医療保険は選択する必要がありますし、状況によっては医療保険自体必要ない可能性もあります。ですが、自営業者の人などはサラリーマンより保障が薄くなってしまいますので、ある程度条件がいい医療保険に加入しておいた方が安心かもしれません。

自分の置かれた状況に合わせて、医療保険を選びぬきたいところです。

 - 保険の種類