初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

医療保険と医療特約は別物

      2014/06/06

医療保険を検討しているときに注意したい点があります。

医療保険と、生命保険に付加されている医療特約とは別物であるという点です。

医療特約については、生命保険が医療保険も兼ねている、といえば聞こえはよく効率もよさそうに聞こえますが、その分保険の内容は複雑になり、保険金の支払いなどについてもわかりにくくなります。加えて、保険料も別々に申し込むよりも往々にして高くなることがほとんどです。

もちろん保険料が高くなるのは、生命保険と医療保険がセットになっているからというわけではなく、そうした保険を取り扱っているのがそもそも大手の訪問営業型保険会社ばかりということが大きいと思われます。人件費にかかる費用がそのまま保険料に跳ね返ってきているわけです。

そもそも生命保険と医療保険では、それぞれ目的とする部分が違います。誰のための保険なのか、どんな時に保障してくれるのかという根本が違うのに、その役割が違う保険を一つにまとめているということで、セット販売的な意味合いの方が強くなり、目的にそぐわない保険である可能性の方が高くなってしまいます。

本当に必要な保険に必要なだけ加入する方が、確実に保険料を抑えることができますし、見直しの際にも自由に動くことが出来ます。

医療保険は医療保険で必要な保障を必要な分だけ付けるようにする方が、生命保険に付与されている医療特約に頼るよりもおススメです。

医療特約の場合は、特約だけ解約ということができないこともありますし、主契約だけ解約も当然できません。片方だけ外すことができないのでは、片方の保障が必要なくなった時も、無駄に保険料を支払っていかなければならないわけです。

保険料節約のため、見直ししやすく風通しのいい保険生活を送るために、医療特約と医療保険は別物であることを認識し、生命保険と医療保険は、しっかり区別して加入を検討するようにしましょう。

 - 保険の種類