初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

入ってはいけない保険とは

      2014/06/06

保険には色々な種類がありますが、中にはあまりお勧めできない保険もあります。

その保険がどのような役に立つのか、どういう保障になるのかがわかりにくい保険、本当に保険として機能するのかという点で明瞭でない保険などは、やはり加入者側の立場としては避けるべきと思われます。

そういう意味では、主契約に数多くの特約が付いている保険、さらにはアカウント型終身保険などは要注意です。

販売する側もなかなか把握できないような保険を、加入者側が理解できるはずもなく、理解できない保険が実際に活躍する場面が果たしてどれだけあるのかということです。

保険の基本に立ち戻ると、生活の中で万が一の際に備えるのが保険の役割であり、その役割を果たすことが出来るかどうかもわからない保険には入っていけないというのが基本です。

そして一番危険なのは、「人に勧められたから」という理由で入る保険です。

人が勧めたからいい保険、とはもちろん言えませんし、そもそもその保険が自分の生活状況にあった保険なのかもわかりません。

勧めてくれた人にとっては素晴らしい保険なのかもしれません。しかし自分には合わない保険という可能性は充分にあります。

さらに注意したいのは、その勧められた保険が訪問営業型の保険の場合です。知人友人のつながりで紹介されるこうした保険は、断りにくくかつ内容はあまりお勧めできないものが多いのが特徴です。

それにも関わらず、相手に任せておけば安心、と思ってお任せで加入すると、大きな大きな損になっていたりもしますので、自分の目と耳でしっかり判断してからでなければ、特に紹介されての保険加入は注意した方が無難です。

月にすれば数千円の保険料の違いかもしれませんが、保険はその後何十年も続けていく高額商品です。

しかも、特約べったりの更新型の保険であれば最悪で、年齢を重ねたころにやってくる更新によって考えられない高額な保険料を支払う必要に迫られ、本当に必要な時期には定期部分が消滅して少ない終身部分の保障しか残っていない、などということは最もよくあるパターンです。

そして文句を言うにも営業担当は既に辞めていておらず、たらいまわしにされた挙句に泣き寝入りという将来が待っているかもしれません。

最も入ってはいけない保険は、「人任せの保険」です。

後悔したくないと考えるのであれば、後悔しないように自分の頭で考えて保険を選ぶようにしましょう。

 - 保険あれこれコラム