初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

損害保険と生命保険

      2014/06/06

生命保険が生保と呼ばれるのに対して、損害保険は損保と呼ばれます。

自然災害や自動車の事故、偶発的な事故による損害を補償してくれるのが損害保険であり、生命保険が基本的に長期の保障を受け持つのに対して損害保険は1年単位などの短期の保険となっています。

保険会社の死亡予想率に基づく保険料が定められる生命保険と同じように、損害保険会社は損害率に基づいて保険料が定められています。

自動車保険や火災保険などをノンマリン分野と呼び、貨物保険や船舶保険などをマリン分野として分けています。

スポーツ保険やペット保険、ゴルフ保険、傷害保険なども損害保険に含まれます。

それぞれ自分への補償だけではなく、事故の場合などは相手への賠償責任も発生する可能性があり、その場合の賠償金なども補償してくれます。

この「相手への補償」こそが損害保険の特徴でもあり、相手に怪我をさせたり死亡させてしまったりした場合の補償を対人保険といい、相手の物を破損した場合の補償を対物保険と呼びます。

自動車を運転する場合、すべての自動車が加入することが義務付けられている自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)も、相手への損害賠償を補償してくれる保険です。ある一定額まではこの自賠責が補償してくれ、それを超える額を民間の損害保険(自動車保険)が補う形となります。

自分の損害に対する保障も大事ですが、それよりも相手に対して賠償責任を負う補償の方が数倍責任が重たく、賠償金としても金額が大きくなりやすいため、こうした「相手への補償」を万が一自分が加害事故などを起こしてしまった時のために準備しておくことは非常に大事なことです。

損害保険の力なくして加害事故での数千万から数億になることもある賠償金を支払うことはまず不可能です。

相手のため、相手の遺族のため、そして回りまわって自分のために、自動車保険は正しく活用していきましょう。

そしてそれ以外の損害保険も、生活のリスクをうまく回避するために活用しましょう。

 - 保険の種類