初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

原付は自賠責保険を自分で更新する必要がある

      2014/06/06

自動車社会の現在、毎日何千件もの交通事故が発生しています。

その分、自動車に対する保険は必要不可欠で重要なものとなっています。自動車保険は法律上、加入が義務付けられている「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」と、それぞれ個人の任意で加入することが出来る「任意保険」があります。

自賠責保険は、通常自動車を購入するとその際に一緒に手続きをしてくれますし、車検の際に更新の手続きも同時に行われることがほとんどなので、あまり意識することもないかもしれません。

ただ一方で、車検のない原動機付自転車(原付)や250cc未満のバイクなどは、そのままにしていると気づかないうちに自賠責保険の期間が切れていた、ということもありますので注意が必要です。

自賠責保険が切れたまま運転を行ってしまえば、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、さらに免許停止処分に違反点数6点です。忘れていた、では済まない罰則がありますので注意したいところです。

自賠責保険の満期日がわからない場合は、自賠責保険証明書に記載がありますので確認をしましょう。
また、ナンバープレートにつく自賠責加入ステッカーでも確認ができます。

今はコンビニなどでも簡単に自賠責保険に加入することもできますので、満期近くになったら忘れずに手続きを行うようにしましょう。

仮に自賠責保険が切れた状態で運転をし、さらに事故を起こしてしまうと大変なことになります。当然法律違反で罪に問われますし、さらには相手への補償を全額自腹で行わなければならなくなります。

ほんの少しの気の緩みで、自賠責保険の更新を怠ったことによる代償はあまりにも大きいものになっています。
忘れてはいけない要注意事項です。原付、250cc以下のバイクに乗っている人は、意識して覚えておきましょう。

さらに合わせて、任意保険にも加入しておけば安心です。資料を比較して、もっとも適したバイク保険や自動車保険を選びましょう。

 - 保険の種類