初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

傷害保険と医療保険を間違わないように注意する

      2014/06/06

保険にはいろいろな種類がありすぎて、中には保障内容がよく似た保険も多数あります。

事実、いくつも保険に加入していると、しっかり確認しておかないと、その加入している保険で保障内容が重複してしまっているようなケースもあります。

他の保険で保障されている部分の保障を他の保険でもつけるのは、完全に保険料の無駄払いとなってしまうために確認が必要です。

そんな似ている保険の中で、同じ入院の際の保障があるということで似ているのが医療保険と傷害保険です。

ただ、意識すればこの二つを間違うことはないはずなのですが、保障内容で共通している部分としては、「入院した際に保険金が支払われる」という点です。

異なる点は、「医療保険」は病気でも怪我でも入院すれば保険金支払いの対象となりますが、「傷害保険」は病気には対応しないという点です。

それぞれ、医療保険と傷害保険はそれを必要とする層が違いますので、自分にはどちらが合っているのかよく考えて選択しましょう。

通常、一般の人であれば、普通に生活していれば傷害保険が必要な怪我などにはあまり遭遇することはないかもしれませんが、病気は誰でも可能性があります。

一方で、怪我をする可能性があるスポーツや趣味を持っている場合は、医療保険よりも傷害保険の方が利用確率が高いかもしれません。医療保険では通常、通院のみでは保険金は支払われませんが、傷害保険の場合は通院のみであっても支払対象となります。

もちろん各種保険の種類によって細かい内容は違いますが、それぞれこうした違いがあります。

最近は生命保険会社も損害保険会社、両方が医療保険なども取り扱うため、その区別がさらに付きにくくなっていますが、結局確認するべきは何かというと、「どういう時に保険金が支払われるのか」という一点に尽きます。怪我なのか病気なのか死亡なのか事故なのか災害なのか。こうした点を見極められれば、医療保険と損害保険を間違って加入するということは少なくともなくなると思われます。

何事も保険に関して、わからないままに加入することがないように注意しましょう。まずは資料を読み込んだうえでの申し込みが一番です。

 - 保険選びと見直し