初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

火災保険は建物だけでなく家財も補償対象にできる

      2014/06/06

火災保険と聞いて思い浮かべるのは、やはり家が火災になった時に対する補償であり、建物そのものに対する補償というイメージだと思います。

しかし、火災保険はその建物だけでなく、中にある家財にまで補償対象を拡大して申し込みをすることもできます。

火災が発生した際、当然のことながら中にある家財は使い物にならなくなる可能性も高く、そうなると家財一式をすべて買い直そうとするとそれだけでかなりの費用が掛かってしまいます。

住宅そのものは火災保険で補償されても、家財が補償されないのではやはり負担としてはかなり大きくなってしまいます。

例えば火災で消防車を呼んだ場合、全力で消防隊員は火を消し、火事を最小限の被害で抑えるために動いてくれます。しかしその過程の放水により、家の中にある家財類一式は燃えていなくても水によって全滅してしまうことも十分ありえるわけです。

仮に建物が半焼でも、家財は全滅と考えた方がいいです。

そうしたケースに備えるために、火災保険には家財を補償するプランも用意されています。

家財の中で特に値が張るのが家電製品全般。テレビやエアコン、冷蔵庫に洗濯機、パソコンなど、総額で考えたらかなりの出費になるのは間違いありません

例えば家財も補償の対象にしておけば、万が一落雷によってコンセント経由でパソコンが故障してしまったりした場合も補償されるという利点もあります。

建物と家財の補償が一体となっている保険や、建物と家財を完全に分けて補償をつけられる保険など種類はさまざまです。一戸建てであればそうした建物と家財をまとめて補償してくれる方が便利なのかもしれません。

これが仮に賃貸マンションなどの場合は、建物に対する補償は必要ありませんが、家財に対する補償はあった方が便利です。状況に応じてその辺りの火災保険活用を考えてみましょう。

 - 保険の種類