初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

火災保険の費用保険金は重要な役割を果たす

      2014/06/06

住宅のトラブルが起こり、建物そのものの損害や家財の損害が発生した際、火災保険に加入していればある程度補償されますが、どうしてもそれに伴う諸費用が発生してしまい、一時的に費用がまかなえずに困ることもあると思います。

火災が発生した場合は、焼けてしまったあとを片付けるための費用や、一時的に他に住まいを求める必要が出てくるために、そのためのホテル代やアパート代などの仮住まい費用など、トータルすればかなり大きな負担がかかってきます。

そのための費用に対する補償が、「損害保険金」に対する「費用保険金」です。建物や家財の損害に対する保険金とは別に支払われます。

火災などのトラブルから通常の生活を取り戻すまでの期間、精神的に落ち着きを取り戻すまでの期間、どうしても落ち着かない日々が続いてしまいますが、その間の「費用」を補償してくれるかどうかはかなり大きく違ってきます。

できれば建物、家財、個人賠償責任に加えて、この諸費用に対する保険もかけておいた方が、安心感が違います。

住宅は非常に大きな買い物であるために、トラブルが発生した場合の費用の負担も相当額になってしまいます。それでも万全の火災保険が設定されていれば、また一からやり直しも十分可能となりますので、火災保険には加入しているけれど穴だらけ、というようなことがないように、しっかり細かく設定されているかどうかを一度、見直ししておいてもいいかもしれません。

これから家を建てようと考えている人、マンションを購入しようと考えている人などは特に、初めからしっかり火災保険にも気を配っておきましょう。

 - 保険の種類