初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

賃貸マンションに住む際に必要な借家人賠償責任補償

   

通常の住宅に対する火災保険とは違い、賃貸物件に住んでいる場合でも、その借りている住宅に対する保険があります。

自分の家であれば万が一の火災や地震などに備えて地震特約付きの火災保険に加入したりすることがほとんどと思いますが、賃貸であればあくまで借り物の家なので、そこまでの責任を負わないという人も多いと思われます。

ただし、借りている限りはその物件を出る際に、「住み始める前の状態に戻した上で出る」という責任があります。ゆえにもし賃貸物件で火災を発生させてしまうと、その責任を履行できなくなってしまいます。

そんな状況に陥った時に活用できるのが「借家人賠償責任補償」です。一般的には、単体で申し込みをすることはなく、火災保険とセットになっています。火災保険及び借家人賠償責任特約に加入する形で賃貸契約を結ぶ、という流れになります。

賃貸契約に、この火災保険や借家人賠償責任補償が条件として付帯されていることがありますので、契約の際にしっかり確認をしておきたいところです。

ただ、実際に住む側としても、こうした保険があった方が万が一の際には逆に保険によって助けられることにもなりますので、加入しておくにこしたことはありません。

絶対に賃貸物件を傷つけることはない、火災を発生させることはないという人は、そうした火災保険や借家人賠償責任補償の契約を条件としていない賃貸物件を探す必要があります。

持ち家であれば常識である住宅に対する保険ですが、賃貸の場合でも賃貸物件に対する補償が絡んでくることを覚えておきたいところです。

 

 - 保険の種類