初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

地震による火災は補償されない火災保険

      2014/06/06

住宅を火事から守るための火災保険は、あらゆる状況での火災による損害を補償してくれますが、地震による火災は対象外となり補償してくれないという注意点があります。

地震による火災でも補償をしてもらいたい場合は、地震保険という地震による損害を補償してくれる別の特約を利用する必要があります。そしてその地震保険は、特約形式になっているために火災保険など主契約とのセットという形をとっており、それ単体では申し込みをすることができません。

火災保険で補償してもらえる損害としては、「火災」、「落雷」、「破裂・爆発」などの基本リスクに加え、「風災」、「ひょう災」、「雪災」、「水災」、「水濡れ」、「盗難」、「諸費用」などがありますが、それに加えて「地震」を追加で選択することにより、一般的には地震による火災や損害が補償される形となります。

それぞれの項目を必要に応じて選択できるようになっている最近の火災保険であれば、不要な部分は省き節約をしながら火災及び地震への備えもすることができます。

最近は地震による被害への注目が集まっていることもあり、そうした特約タイプのみの地震保険ではなく、単体で申し込みをすることができる地震保険も出てきています。

少額短期保険としての地震保険は、単体での申し込みが可能であり、通常の火災保険付属の地震保険では対応できない部分をカバーしてくれる補てん的意味合いが強い保険となっています。

火災保険に地震保険を付帯した場合、火災保険の保険金額の50%が地震保険金額として設定されます。その分、万が一地震が発生した場合、どうしても補償しきれない金額が発生してしまいます。そうした部分を補えるのが、単体での地震保険です。

地震による火災なども想定する場合には必須の保険となりますので、水災リスクや盗難リスクなどが低い地域の住宅であれば、重点的に「地震」に焦点を絞って家の保険を見直しておくのもいいかもしれません。

 - 保険の種類