初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

住宅火災保険と住宅総合保険は違う

      2014/06/06

住宅の保険と言えば「住宅火災保険」と「住宅総合保険」の二種類があり、それぞれ補償範囲が異なり保険料も違うためにどちらかを選択できるようになっていましたが、最近は「住宅総合保険」一種類に限るところが増えているようです。

昔から住宅の損害保険をそのままにしているという場合は、「住宅火災保険」になっていることもあると思いますが、この場合の注意点としては、たとえば台風による損害(風災)や水災などに対しては補償されない、などの注意点があります。

一方、住宅総合保険の方は補償範囲が広いために台風などの風災、水災はもちろん、盗難被害や類焼損害などまで、住宅の場所と環境によって自由にカスタマイズできるようになっているのが特徴です。

家の保険には家を建てた時に加入しているから安心、と思っていたら、思いのほか補償対象となる事象が少なく、実際被害が出た時に補償されないということも考えられます。

生命保険などと同じように、時代に合わせて住宅総合保険も見直しが必要です。個人賠償責任補償などは、火災保険にも付帯することができますが、他の傷害保険や自動車保険にもつけることができますので、重複しているということも考えられます。

何が必要で、全体の保険としてどういう保険に今現在自分と家族が加入しているのかをすべて見直し、一度まとめて綺麗に組み立て直すのも必要かもしれません。

そうすることにより無駄をなくし、足りなかった補償を確実に厚くし、万が一の事態に備えられる理想的な保険形態を作り上げることができます。

 - 保険の種類