初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

自賠責保険には怪我と死亡の補償がある

      2014/06/06

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、その保険の性質として被害者救済が目的であるために事故を起こした際の相手への補償が得られる保険となっています。

仮に自賠責保険が任意加入だったとしたら、加害者が無保険の状態で被害者側は補償を受けられないというケースが出てくる可能性があります。
それを防ぐために、自賠責保険に関しては自動車やバイク、原付などを運転する際には加入が必須な保険として法律で義務付けられています。運転を実施する際には、必ずこの自賠責保険の有無を意識した上で運転をしなければなりません。

この自賠責保険は、補償対象としては対人賠償のみが設定されており、相手及び自分の自動車への補償や自分の怪我への補償は一切ありません。
その対人賠償の足りない部分及び対人以外の対物や自分自身への補償の部分に関しては、任意保険の役割となります。

自賠責保険の対人補償としては、怪我及び死亡に対する補償が設定されています。

怪我の場合、被害者1名につき最高120万円までが支払限度額となっており、治療関係費や休業損害、慰謝料などがこれに相当します。

死亡の場合は被害者1名につき最高3000万円が上限となっています。葬儀費や慰謝料、逸失利益や死亡に至るまでの治療費などを含みますが、それらを総合しても人を死亡させてしまった場合、自賠責保険の限度額では足りない部分がかなりあると思われるため、自動車での保険では自賠責保険だけでなく任意保険も必須と言えます。

自賠責保険で足りない部分を補う役割が任意保険、つまりは自動車保険には与えられています。どんな補償が必要で、どんな補償が足りないのか確認した上で、自動車保険は適切に見直しをしていきましょう。

 

 - 保険の種類