初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

自動車事故の治療費には健康保険が使えない?

      2014/06/06

一般的によく言われる問題である、自動車事故の治療費には健康保険が使えないという問題についてです。

まず結論としては、自動車事故でけがをした場合でも、条件付きで健康保険は利用可能です。

病院によっては自動車事故の場合は健康保険が使えないと言われることもあるようですが、厳密にはそれは誤りです。

正しくは、確かに「第三者の行為」による傷害の場合は治療費に健康保険が使えず全額負担する必要があるのですが、その治療費は本来加害者側が負担するべきものであるため、被害者側は一旦公的医療保険としての健康保険を利用して治療を受けることが出来ます。つまりは三割負担で済みます。その際の条件として、「第三者行為による傷病届」などの提出が必要となります。

では残りの七割の負担はというと、保険制度が負担するわけではなく、加害者側が支払うべき治療費を健康保険により立て替えてあるだけなので、後日加害者側に健康保険組合から請求が行く形になります。

よって、自動車事故の治療費を三割負担にするために健康保険を利用する際は、「第三者行為による傷病届」などの提出が必要となり、この手続きを実施することにより、健康保険組合は加害者側への求償手続きが可能となるわけです。

最終的には相手の自賠責保険により全額負担されるとしても、目の前の負担が少しでも少ない方がいいということもあるでしょうし、事故の内容や責任の比率によっては何割かは自分で治療費を負担しなければならなくなる可能性もあります。そうした際に少しでも損をしないように、事故による怪我の場合もしっかり健康保険は活用するようにしましょう。

 - 保険の種類