初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

ノーカウント事故と等級据え置き事故、1等級ダウン事故

      2014/06/06

自動車保険における補償内容の中には、その補償を利用しても等級に影響がないものがあります。

ノーカウント事故と呼ばれる事故がそれで、等級には影響がない補償のみを利用しているために保険を利用しても等級は下がりません。そのままであれば翌年度は通常通り等級は1つ上がる形となります。

具体的には、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害のみ利用する事故や、弁護士費用特約、個人賠償特約などのみを利用する保険事故などがその対象となります。

ノーカウント事故に対して、通常保険事故は3等級が下がるために「3等級ダウン事故」と呼ばれ、2013年9月までは、翌年の等級が据え置きとなる「等級据え置き事故」というものもありました。

2013年10月にノンフリート等級制度が改定され、それまでの「等級据え置き事故」が「1等級ダウン事故」へと変更されました。今まで据え置きだった事故内容が、1等級ダウンに変更になることにより、今までよりも厳しくなっています。

「1等級ダウン事故」に該当する内容としては、火災、爆発、台風、竜巻、洪水、高潮などによる損害、落書き、窓ガラスの破損やいたずら、盗難による損害、飛来中または落下中の他物との衝突などが該当し、今までは翌年も同じ等級で据え置きになっていたところが、1等級ダウンとなりますので、今まで以上に事故に対する意識を高めなければなりません。

等級については、自動車保険を見直しをしたとしても新しい会社にそのまま引き継がれますので、現在20等級など、もっとも保険料が安くなる等級を維持している人であっても、保険会社を変更したから等級がはじめから、ということはありませんので安心できます。

しっかり比較検討をすることで、保険料節約が実現できますので、まずは資料請求を実施して保険料及び各補償内容を比較してみましょう。

 

 - 保険の種類