初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

無保険車との事故・自賠責保険の請求/加害者請求と被害者請求

   

自動車事故に遭遇した場合、自分が被害者になるケースと、逆に加害者になってしまうケースが考えられます。

どちらにしても必ず絡んでくる問題は賠償の問題についてです。加害者側が任意の自動車保険に加入していれば、保険を適用させる形で手続きを取れば、ある程度保険会社側で代行してくれるため話は簡単です。

ですが、加害者側が任意の自動車保険に加入していない無保険車の場合が問題です。任意保険がないのですから、自賠責保険と足りない部分は加害者側自身の資産から賠償してもらうしかありません。

その際必要となる自賠責保険の請求はどういう形になるのでしょうか。

自動車を運転する場合、自賠責保険への加入は義務付けられています。車検の際に自賠責保険は必要となるため、自賠責保険未加入の自動車というのはほとんどないと思われます(車検がない原付の場合などは要注意)。

そのため、まずは事故の直後に警察に連絡をし、そのあとで加害者側の自賠責保険引受会社に連絡をして、事故のあらましや自賠責保険証明書番号などを届け出ます。被害者側と話がつけば、加害者側が被害者側に賠償し、その領収書やその他書類を自賠責保険の引受会社へ届け出て請求する形となりますが、被害者側と加害者側で話し合いが平行線で折り合いがつかないということもあり得ます。

その場合に被害者側は自信で治療費その他を負担しなければならなくなり、賠償も受けることができなくなってしまいます。そうしたケースでの被害者救済を目的として被害者請求があります。加害者側の自賠責引受保険会社に対して、被害者が直接請求をすることができるようになっています。

被害者側に当面の資金がない時には、とりあえずの必要資金に充てるために仮渡金という仕組みもあります。

相手が無保険車であったとしても誠意ある対応ができる相手であれば問題はないかもしれませんが、悪質な加害者に当たる可能性もあります。そうした時に活躍するであろう自賠責保険の被害者請求については、しっかりと概要だけでも覚えておきたいところです。



 - 保険の種類