初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

終身保険とは

      2014/06/07

終身保険とは、掛け捨ての定期保険とは異なり、保障期間が一生涯続くため必ず保険金がもらえる保険です。

支払った分の保険料が無駄になることがなく、いつか自分に死が訪れたときに遺族に対する保障が必ず行われるため、トータルでの保険料支払い額と受け取ることが出来る保険金とを比較した場合、途中解約をしない限りは基本的にマイナスになることもなく、むしろプラスになるというメリットがあります。

そういう意味では、掛け捨てになる定期保険よりも、長い目で見た場合は非常にお得に思えたりもします。

保険料払い込みの期間は、死亡時まで毎月払い続ける終身払いのほか、ある一定の年齢で払い込みを終えるようにすることもでき、色々と選択が可能です。

当然のことながら、支払期間が長ければその分月々の支払額は少なく設定ができますが、支払期間を短く設定すると月あたりの保険料は高くなります。

死亡時に必ず保険金がもらえるのであれば、期間満了すれば掛け捨てになり支払った保険料がそのまま戻ってこない可能性がある定期保険よりもずっといいじゃないかと思われがちですが、注意点としては、それだけ加入者にある分、毎月の保険料は定期保険よりもはるかに高く設定されているという点です。

特に若い時期、結婚し、何かと支払いが増えてくる時期に、高額な保険料は重く家計にのしかかってくる可能性があります。

後々戻ってくるとはいえ、あまりに高い毎月の保険料を支払い続けることは困難、というケースも少なくないわけです。

ある程度の収入がある家庭であれば、終身保険は一生に渡って安心できる保険ではあるのですが、高い保険料で日々の生活が困窮するのでは本末転倒となりかねないため、家庭の収入や支出などの経済状況を踏まえながら選択したい保険と言えます。

それでも葬儀費用程度の保険を、ということであれば、ネット系終身保険は毎月の保険料も格安で設定ができます。

定期保険と別に最低限の死亡時の葬儀費用保障としての終身保険活用であれば、どの保険が最も安く効率よく活用ができるのかを比較検討できます。

一度見直しを実施してみましょう。

 - 保険の種類