初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

学資保険/子ども保険でも告知は必要なのか

      2014/06/06

生命保険や医療保険においては、保険申込みの際に必ず被保険者となる人の健康状態の告知が必要となります。

生命保険においては予定死亡率によって保険料が算定されますし、医療保険においても過去の病歴や現在の健康状態は保険会社が保険の引受をするかどうかを判断するための重要な情報となります。

そのための保険において「告知」は必要不可欠なものといえます。

では、学資保険(子ども保険)の場合もその告知は必要なのでしょうか。

その答えとしては、学資保険は契約者や被保険者の健康状態によって保険金が支払われたりするものではないため、告知は基本的に不要です。ただし、保険料払込免除の特約があったり、死亡保障、医療保障があるような学資保険の場合は告知が必要となります。

学資保険と死亡保障や医療保障は、そもそもの目的が異なるため、学資保険に一緒に死亡保障や医療保障をつけるというよりは、その部分は完全に分けて考えた方がわかりやすいため、基本的には告知の不要な死亡保障などのつかない学資保険を選択する方がいいかもしれません。

その方が、学資保険、死亡保障、どちらかの見直しをしたい時にも動きがとりやすくなります。保障内容が一つの保険に集約されていると、便利なようで実は逆に動きが取れなくなり不便になってしまうことも多くなります。

死亡保障、医療保障のつかない単独での学資保険は、親子どちらの健康状態も問わない保険であるので、逆に言えば加入しやすい保険でもあります。

子どもの学費などの費用負担を早めから準備していくための保険として、目的を明確にした上で活用していくようにしましょう。

学資保険を選択する際は、やはり何より払込金額を受取金額が下回らないようにするという点と思われます。元本割れしてしまうようであれば、そもそも学資保険を利用せずに貯蓄していた方がいいからです。

ゆえに選択する際は返戻率に注目し、払込に対してどれくらいの金額を将来受け取ることが出来るのかを必ず確認した上で加入をするようにしましょう。

 

 - 保険の種類