初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

進化の早い医療保険の変化に置いていかれない

      2014/06/06

医療保険は、生命保険、損害保険に次ぐ第三分野の保険と呼ばれています。

第一分野が保険業法上の「生命保険固有分野」であり、定期保険や終身保険、養老保険などが含まれます。

第二分野は保険業法上の「損害保険固有分野」であり、火災保険や自動車保険などが該当します。

そして医療保険が該当する第三分野の保険。他に介護保険や特定疾病保険(がん保険など)があり、今最も時代に即した保険分野とも言えます。

未婚率の増加により、家族に対する保障というよりも、自分自身のための病気や怪我の時の保障として活躍する医療保険の方に人気が集まっており、日本人の死亡原因の第一位をキープし続けている「がん」に対する保険だったり、がんを含む三大疾病に対する保険だったりと、今までになかった保険体系が生まれてきています。

人気があり新しい分、進化も早く流動性があるのも医療保険の特徴であり、逆にいうと今ある保険が早めになくなってしまう可能性もあります。

今の保障内容よりももっともっと役に立つ保険が新しく開発されてくる可能性も十分にあります。それは、生命保険や損害保険などと比較して、まだまだ成熟していない部分も多々ある医療保険だからこそでもあり、医療保険という性質上、医学の進歩によって保障が必要となる部分も移り変わっていくからこそでもあります。

長期的視野に立てば、終身タイプで保険料定額の医療保険の方が、10年定期の医療保険を繰り返すよりも総支払額で言えば安く収まることがほとんどですが、それでも保険の進化によって今よりももっともっといい内容の保険が今後開発される可能性もあると思えば、多少のリスクを覚悟の上で短期の定期型にしておき、定期的に内容を見直していくという方法も逆に現実的かもしれません。

進化の早い医療保険に置いていかれないようにしながら、しっかり見直しを繰り返していきたい人にとってはまだまだこれからいろんな可能性がある医療保険。

とりあえず今現在で最高の内容の医療保険を選び抜いて加入しておきたいところです。

 - 保険の種類