初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

10年満了/更新型定期保険の保険料例

      2014/06/06

生命保険における定期保険は、10年定期タイプと20年、30年などの年満了タイプ、60歳満了、70歳満了などの歳満了タイプとがあります。

その中で10年定期型が最も保険料としては安価になりますので、安く保険料を抑えたい人にとってはまず第一に検討する余地がある保険商品となります。

例えば某保険会社の10年定期タイプの保険料を見てみると、

 

保険金額1000万円

20歳 1070円  30歳 1280円  40歳 2400円  50歳 5290円  60歳 11950円

 

20歳時点での保険料は非常に安く設定されており、これが40歳になってもまだ2400円とかなりの安値で抑えることができます。ネット系生保ならではの安さであり、これが大手生命保険会社になると、色々な特約がついてくることもあり軽くこの数倍にはなります。

 

保険金額3000万円

20歳 2790円  30歳 3420円  40歳 6780円  50歳 15450円  60歳 35430円

 

保険金額が上がれば当然のことながら保険料も上がります。それでも若い時期の保険料はかなりの安さです。仮に40歳代でも一万円以内で抑えることが出来ます。ただし50歳超えあたりからはかなりリスクも上がってくるために保険料も高額になってきます。

10年定期型なので、契約時には安かった保険料も、満了となり更新が実施されるとその都度上がっていきます。その更新時期の保険料に沿って上がっていきますので、現時点で設定されている保険料はあくまで目安でしかありませんが、大体こういうイメージで上がっていくと考える材料にはなります。

例えばこれが30年、40年と長いスパンでの満了型だったり、60歳満了、70歳満了などの歳満了型であれば、保険料はずっと定額であり払込総額も10年満了で更新を繰り返していくよりも少なく抑えることができるメリットがあります。

歳満了型定期保険の保険料例はコチラから。

両者ともにメリットデメリットがありますので、選択が難しいところですが、しっかり比較して選択しましょう。

 

 - 保険の種類