初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

終身保険には解約返戻金がある

      2014/06/07

定期保険には途中で解約した際の返戻金はまったくないか、あったとしてもほとんどその金額は期待できないものでした。

ですが、終身保険には解約返戻金があります。掛け捨てではありません。しかも満期まで待てば保険料を払い込んだ分とほぼ同額か場合によってはそれ以上、それほどかなり大きい金額が戻ってくるため、単純に貯蓄として考えることもできます。単純に加入年数が経過するほど支払った保険料の返戻率は上昇し、解約返戻金は大きくなります。

掛け捨てでない、無駄にならない、という点は大きな終身保険のメリットであり、逆にデメリットとしては保険料の高さにより、途中で支払が難しくなったりした場合に対処しにくいという点です。ただ急な資金が必要になったりした場合には、解約をすることで解約返戻金を得ることができ、当面の資金として調達することが可能ですし、契約者貸付という制度もあります。

貯蓄として終身保険を考える場合、解約返戻金があるとはいえ途中解約では100%リターンするわけではなくかなり元本割れしてしまうため、資金運用として考えるので絶対に途中解約しない、ということが必要となります。資金運用として終身保険をとらえるのであれば、そうした「満期まで解約しない」、という決意の元利用するようにしないと損をしてしまいます。

ただ、満期まで絶対に解約しないということであれば、保険によっては非常に返戻率のいい終身保険もありますので、そうした保険に関してはたとえば学資保険代わりとして利用することもできます。

もちろん運用だけならもっと効率のいい運用先がいくらでも考えられるともいえるので、終身保険をその場合に選択するかどうかは考え方によります。

保険においては、この解約返戻金があるかないかで、損をしてしまうのか結局戻ってくるお金で保険をかけられるのかという違いがあり、一般的にはどうせ同じ保険なら戻ってきた方がいいと考える人は、掛け捨ての定期保険よりもこの終身保険を選択する人が多いと思われます。

ただ、定期保険、終身保険それぞれ役割が違いますので、それぞれにいいところ悪いところがあり、使い方も異なってきますので、適切な保険の活用をしていくように心がけたいところです。

 

 - 保険の種類