初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生命保険の定番はやはり定期保険

      2014/06/06

昨今の生命保険における定番商品は、やはり定期保険です。

生命保険にも種類は終身保険、収入保障保険といろいろあるものの、一番シンプルでわかりやすいのも定期保険であり、保険料掛け捨てではあるものの、特定の期間において大きな保障を得ることが出来るというメリットがあり、一番使い勝手のいい保険とも言えます。

その選び方も実に簡単、保険金額における保険料を各社それぞれで比較し、もっとも安いところを選べば基本的にはOK。解約返戻金なども考える必要はなし。基本的に定期保険に関しては、返戻金一切なしで保険料が安い保険を選ぶのが最も賢い選択と言えます。

その他検討する必要がある点としては、何歳までかけるか、歳満了にするのか年満了にするのかという点くらいのもので、とにかく自分が亡くなった時に家族に一定額の保険金が支払われるという簡単明瞭なシステムが魅力です。

逆にこんなに保険選びって簡単だったのか、と思えるほどの単純作業なので、世間で「保険は難しい」と言われる要因などはまったく定期保険選びの際には感じられることはないのではないでしょうか。

とにかく定期保険を保険料で選ぶのであれば真っ先に選択肢から外れるのが大手生命保険会社。元々の保険料が人件費などの分他の保険会社などと比べて高い上に、昔からの悪しき慣習か、主契約に特約が色々と付加された保険商品はとてもお得とは言えず、保険料重視の定期保険を選ぶ際には絶対に避けておきたい会社と言えます。

具体的にどれくらい保険料が違うのかはそれぞれ実際に資料を見てみれば一目瞭然ですが、ネット系や外資系保険会社などの最安値と比較すると二倍以上高くなります。

一年や二年ならまだしも、数十年かけ続ける可能性が高い生命保険、定期保険において二倍以上の保険料格差は決して見逃せない部分です。しかも定期保険は前述したように掛け捨てなので、保険会社が違うだけで同じ保障内容で倍以上の保険料を無駄になくしてしまうことになります。

その無駄をなくすために、出来る限り安い保険料の保険会社を適切に選択したいところです。現状、そうした高い保険料を支払っている人は、一度早めの見直しを実施した方がいいかもしれません。

 - 保険選びと見直し