初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

終身保険の契約者貸付とは

      2014/06/07

終身保険は、その貯蓄性の高さから、解約返戻金を担保にお金を保険会社から借りることができます。

そのことを契約者貸付といい、低利率で借りることができるため、緊急でお金が必要になった時など、ローン会社などで借りるよりもはるかに低い金利で借りられるというメリットがあります。一時的に借りてすぐに返すようにすれば負担がほとんどなく資金の運用ができますので、万が一の際に効果的な運用ができます。

保険会社にもよりますが、解約返戻金の90%を上限にお金を借りることができます。理屈としては解約をせずに解約した場合にもらえる返戻金を一時的に借り、利子つきで返すという仕組みになっています。本来もらえる金額をとりあえず一時的に借りるというシステムのために金利が低くなるわけです。

もちろん保障はかかったまま資金調達ができるという意味では非常に便利ですが、借りたまま返済されない場合は被保険者が死亡した際の保険金と相殺されてしまいますので、注意が必要です。

本来もっとも重要なはずの保険金がなくなってしまっては、それこそ保険の意味がなくなり本末転倒になってしまいますので、返済の目安があるときのみ活用しましょう。契約者貸を利用して返済が難しい時は、保険の解約をするのと近い意味になってしまうため、むしろ解約した方が返戻率がいい場合もありますのでよく考える必要があります。

この契約者貸付に関しては、返済目処はあるが今すぐに資金が用意できない、というケースなどに、一時的に借りるような使い方が最も望ましいと思われます。

契約者貸付が利用できるかどうかは、保険ごとに確認が必要です。

 - 保険の種類