初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

貯蓄が少ないからこそ保険に入る必要性

      2014/06/06

収入が少なく貯蓄が少ない状態であれば、保険に加入して保険料を支払っていくのは非常に苦しいこともあると思います。

そもそも保険などよりも今、目の前にある生活の方が大切なのは当然のことであり、そうした状況であれば保険などは当然後回しになります。

ただ、だから貯蓄も収入も少ない自分には保険は必要ない、と考えているのであればそれはそれで間違いとも言えます。

貯蓄も収入も少ないからこそ、むしろそうした時にこそ必要なのが保険です。収入も貯蓄もなくても、少ない保険料を毎月支払っておけば、考えられないほど大きな保障を万が一の際に受けることが出来ます。

収入が少ない状態で貯蓄をしても、総額としてはそれほど大きな金額にはなりえず、万が一の備えにはなりませんが、保険の大きなメリットは、収入も貯蓄も少なくても、1000万円以上の大きな保障を受けることが出来る点にあります。

逆に貯蓄も多く収入も多い人は保険に加入していなかったとしても、万が一の際に自己資金である程度まかなうことができる場合もあります。そうした人にとっては保険は全く不要であり、加入するとしても本当に必要最低限のちょっとした保険程度で済ませることが出来ます。

そういう意味で、保険は収入や貯蓄がそれほど多くない人にこそメリットがあるのです。

収入が少ない時に生活を圧迫するほど保険料を支払う必要はありません。それでも、ある程度若い時期に定期保険で加入するのであれば、月額にすれば1000円から5000円程度で保険料を抑えることもできます。月1000円2000円程度であれば、収入が少なかったとしても、なんとかねん出することはできるのではないでしょうか。たったそれだけの負担で、万が一、大きな保障を家族に残すことが出来るのです。

万が一なんてないと思うのであれば保険は必要ありません。ですが、家族のためと思えば万が一に備えた保障はやはり用意しておきたいところです。格安保険料の保険などもありますので、資料を集めて比較検討してみてもいいかもしれません。

 

 - 保険選びと見直し