初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

各種保険のプライオリティを考える

      2014/06/06

保険にはいろいろな種類の保険が存在します。

大きく分けて生命保険、損害保険、医療保険が代表的ですが、その三つの保険もさらに細かくわけることができます。

日常生活において、この保険をそれぞれ検討して加入したり見直したりしていくわけですが、ではその中でも最も優先順位の高い保険はどの保険でしょうか。

保険に加入する際に大事な点として、まずは個々人の生活状況によります。

そもそも自動車免許を持っていなかったり自動車を持っていなかったりすれば自動車保険は必要ありませんし、独身であれば生命保険も必要性は低いです。ですので、とりあえず全部の保険が必要である場合のプライオリティということで考えるとどうなるでしょうか。

まずはやはり、自動車保険が必須です。自動車を運転するにあたって、自賠責保険だけでは万が一の事故の際にまったく対応ができません。加害事故を起こして相手を死亡させてしまったりすると億を超える考えられない賠償金額になる可能性もあります。自動車を運転する場合は、自動車保険は何よりも最優先で必要な保険となります。

次に必要な保険は、やはり生命保険です。独身であれば必要のない生命保険ですが、守るべき家族がある場合は必須の保険です。万が一自分に何かあった時に、家族の生活を保障してくれる生命保険は、通常であれば簡単には到底まかなうことができない1000万円を超えるような大きな金額を保障してくれる点が何よりも大きなメリットです。

自動車保険と生命保険の次には、住宅総合保険・火災保険が必要となります。家を建てれば家に対する保険が必要となります。人生で最も高い買い物である家には、やはりある程度の保険をかけておく必要があります。最近は地震に対する補償も注目を集めていますし、何より火災については隣の家の失火による類焼であったとしても、法律上は相手に責任を問えません。しっかり火災保険をかけておくことが大切です。

そして、それらの保険に次いで医療保険となります。プライオリティとしては保険の中では低めになりますが、その理由としては日本における公的医療保障の充実があるためです。社会保険、国民健康保険に加入していれば、ある程度充実した公的保障を受けることが出来ます。

もちろん民間の医療保険も非常に重要な保険であり、公的保障を補完する重要な保険です。自動車に乗らず、独身者で家も持っていない場合は、当然のことながらこの医療保険がもっとも最優先される保険となります。

状況ごとに優先される保険は変わってきますので、保険加入を考えるときにはまず、何に対する保険が必要なのか、そこから確認してみましょう。

 - 保険選びと見直し