初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

保険会社の再委託保険販売禁止について

      2014/06/05

2014年1月16日、金融庁は保険会社に対して、代理店が第三者に保険販売を再委託することを禁止する方針を公表しました。2015年3月末までに是正させるそうです。

つまりどういうことかというと、通常保険会社と委任契約を交わした代理店が保険を販売するのですが、その代理店がさらに「保険募集人」と呼ばれる人に再度販売を委任するという販売方式に対して規制が入ったわけです。

目的としては顧客に不利な商品の販売につながらないように、規制を強化するということです。大手生保などは、雇用契約にある社員などに保険販売をさせているために問題はないのですが、雇用契約になく再委託という形をとる募集人に保険販売をさせている代理店などは大きな影響を受ける形となります。

一般的に委託型の保険募集人の場合、雇用契約ではないために、給与ではなく成果報酬という形で委任契約を取っており、さらに毎日出社する必要もなく社会保険などもないなどの特徴があります。代理店としては、社員として雇用するよりも大きく人件費を抑えることができるというメリットがあったわけですが、今後はそうした保険募集人の利用が難しくなっていきます。

この規制によって利益を得るのは、営業内容が競合している大手生命保険会社のセールスレディや営業社員です。自社の保険商品しか販売できない大手生保社員と比較して、保険代理店から委託された保険募集人は、各種保険を相手に合わせて販売をすることが出来るため、かなりの優位的立場にありました。

その保険募集人がいなくなれば、大手生保のセールスレディたちは狩場を荒らされることなく営業に専念できるようになります。

大きな流れとしては、大手生保の保険は高額で時代の流れに合わなくなってきていますが、一方でまだまだ大きなシェアを持っているのも事実であり、それがセールスレディや社員の地道な営業の賜物であることも間違いないと思われます。

今回の委託型保険募集人の存在を否定する金融庁の方針により、保険業界はまた大きく変わっていくのかもしれません。

2015年にかけた今後の動きにも注目です。

 - 保険ニュース