初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

2015-2016年、人気の定期保険ランキング上位/メットライフ生命「スーパー割引定期保険」

      2015/07/20

生命保険の定番、定期保険で人気を集めているのは、メットライフ生命「スーパー割引定期保険」です。

色々な保険のランキングでもほぼ上位に名前が出てくるこの保険商品は、リスク細分型の保険であり、非喫煙優良体の人にとってはとにかく保険料が安い定期保険となっています。

大増税時代の2015-2016年にできる限り保険料の安い保険を選びたいという人はますます増えています。そんな人にもっともお勧めできる保険と言えます。

 

定期保険でありながら、10年・20年満了タイプであれば80歳まで更新可能であり、60歳・65歳満了タイプも選択可能です。年満了タイプは更新時に保険料は年齢に応じて上がっていきますが、更新時の健康状態にかかわらず契約時のクラスと同じ保険料率が適用されるという利点もあります。

歳満了タイプの場合は更新がありませんので、60歳・65歳まで一定の保険料で保障を得ることができます。定年までの大きな保障として活用することが出来ます。

歳満了では満了以降の保障はまったくなくなってしまいますが、それ以降の保険に関してはまた別に葬儀代程度の終身保険などを検討するとバランスがよくなります。

あくまで定期保険としての役割、つまり一定期間の大きな保障という役割を全うさせることで、大きな利用意義がある保険と言えます。

 

リスク細分型保険料を適用した場合、保険料払込期間中の解約返戻金はありませんので、この点は勘違いしないようにしたいところです。貯蓄性はまったくない、典型的なわかりやすい定期保険と思えばいいのではないでしょうか。

リスク細分型ということもあり、喫煙者だったり、健康に若干の不安がある人にとってはメリットを享受しにくい保険であるのも間違いないのですが、それでも大手生保などと比べれば劇的に安い保険料設定がされていますので、ある程度保険金額を上げて申し込みをすることもできるのではないかと思われます。

必要保障額より若干多めに設定してもいいのではないか、と思える保険料の安さが売りの保険となっていますので、定期保険検討の際は候補の一つとして考えてみましょう。

スポンサードリンク

保険料例としては、30歳男性の場合に保険金額を1000万円とし、65歳満了型の非喫煙優良体(ファーストクラス)であれば、保険料は月額2110円という劇的な安さとなります。

ただし、非喫煙標準体(セカンドクラス)の場合は2910円、喫煙優良体(サードクラス)の場合は3170円、標準体(スタンダードクラス)で4470円と変わっていくため、現在の自分の体の状況によって、保険料は大きく変わってきます。

煙草を吸わず、標準体重標準身長、血圧も標準という人は、最大限にリスク細分型のメリットを享受できるため、第一候補となると思われます。

 - 2014‐2015人気保険ランキング