初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生活におけるリスクを回避するための保険

      2014/06/05

日常生活において、人は色々なリスクの中で活動を行っています。

リスクとはつまり、偶然によって「損失が発生する可能性」を指します。リスクの種類としては、物的リスク、人的リスク、賠償責任リスクなどがあります。

物的リスクとは住宅や家財などが火災や水害、風害、地震などによって害を被る可能性を指します。

人的リスクは、自分自身や家族の生命、健康が危険にさらされ、生活ができなくなってしまったりする可能性です。

賠償責任リスクは、自動車、自転車等の事故により、他人にけがをさせたり死亡させてしまったりした際に賠償責任を負う可能性です。

これら、様々なリスクの中で生きていく必要がある人々は、そのリスクに対する備えをしておきたいと考えます。それが保険の存在意義であり、人々のリスクをそのまま保険会社に移転することが、「保険」のシステムです。

各リスクにおける経済的損失を、そのまま保険会社によって補ってもらうことにより、経済活動の原状回帰を早期にはかることができます。この時保険がなければ、すべての損失を自らの貯蓄などで補う必要があり、十分な貯蓄があればともかくとして、多くの場合損失額は貯蓄額を大きく上回るために保険の需要が生まれてきます。

そのため、ちょっとした損失に対するリスクヘッジとしての保険は必要ではなく、本当に必要なのは自分自身の経済力ではとても対応できない大きな損失が発生する可能性に対する保険なのです。

それこそが物的リスクに対する火災保険であったり、人的リスクに対する生命保険や医療保険や介護保険であったり、賠償責任リスクに対する自動車保険や個人賠償責任保険であったりします。

自分の人生と未来設計図を思い描いたときに、その道すがらにある大きなリスクの数々を想像し、そのリスクを回避するために保険を活用するわけです。

人生の途中にあるリスクの大きさや種類は人それぞれに違います。だからこそ個々人で、自分にもっとも適した保険を選択していく必要があります。

必要な保険の種類、金額など、しっかり理解し比較検討した上で保険を選んでいくようにしたいところです。

 - 保険選びと見直し