初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

2014-2015年、人気の学資保険ランキング上位/夢みるこどもの学資保険

      2014/06/05

学資保険にも色々な種類があります。その中からおすすめの学資保険、人気の学資保険を選ぶ際にまず判断材料とする点としては、払い込んだ保険料に対してどれだけの金額が一時金や年金として戻ってくるかの返戻率です。

当然のことながら、払い込んだ保険料分が戻ってこない、つまり元本割れしてしまう学資保険は避けた方がいいでしょう。そうした学資保険の特徴としては、各種特約が付加されていることにより保険料が高くなり、返戻率が悪くなっていたりします。

2014-2015年の人気ランキング上位に大体ランクインしている学資保険として、アフラックの「夢みるこどもの学資保険」があります。

気軽に始められる受取総額120万円の学資保険からあり、最大1500万円まで60万単位で設定できます。

受取は、「被保険者(お子様)が満14歳10ヶ月に達した日の直後の2月1日以降」に学資一時金を受け取ることが出来、さらに「学資年金支払い開始年齢(18歳か17際)になった後に迎える最初の年単位の契約応当日以降」に学資年金を四年間受け取れます。

仮に受取総額300万円で、18歳払済にした場合の返戻率は106.5%、10歳払済なら111.5%です。18歳払込済にしても悪くはないですが、さらい払込を短く設定すると非常に高い返戻率となります。

さらに、契約者が保険料払込期間中に死亡した場合などに、以後の保険料の払い込みが免除される「保険料払込免除特則」を付けることもできます。これにより契約者に万が一の事態が起こったとしても保険料負担は免れますし、子どもの学費はある程度保険金で保障されます。

ただ、「保険料払込免除特則」を付けるときには、医師の診査が必要となります。この特則を付けない場合には医師の診査は必要ありません。

あくまで死亡保障は定期保険などでまかなうようにしてある、ということであれば、あえて診査が必要な特則をこの保険ではつけずに、定期保険の保障をその分、手厚くするという方法もあります。

貯蓄目的でも利用できますので、非常に人気の高い学資保険/子ども保険となっています。

申込みの場合は、まずは資料請求をして手続きを進める形となります。

興味がある人は是非早めに検討しておきたいところです。

 - 2014‐2015人気保険ランキング