初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

アカウント型終身保険とは

      2014/06/07

アカウント型終身保険はおススメなのか

大手生命保険会社が主力として販売してきた保険のタイプで、アカウント型終身保険という保険があります。

アカウントとは口座のことであり、銀行の預金口座のような積立金があるという特徴があります。

アカウント型の終身保険の特徴としては、支払う保険料の総額の中から、積立部分と保障部分を自由に決めることができます。

例えば毎月1万円の保険料を支払う場合、若いうち特に大きな保障が必要ない間はその中の8000円を積立に回し、残りの2000円を保障にあて、年齢を重ねて結婚などをして大きな保障が必要になったら積立部分を1000円にして保障部分を9000円にする、などの使い方ができます。

そのように積み立てていった金額が、最終的に終身保険に充てることが出来る金額となります。さらに、積立金は月々の保険料支払いに充てることもできるという特徴もあります。積立金は、途中で出し入れが自由になっています。

一部大手漢字系生保の主力商品となっていますが、主力だからおススメ、というわけではありませんので要注意です。

 

定期付終身保険とアカウント型終身保険の類似性

アカウント型終身保険は定期付終身保険と似ており、このアカウント型保険を定期付き終身保険の代わりの主力商品として販売している大手漢字系生保もあります。

定期付終身保険では、保険加入時に保障される金額が確定していますが、アカウント型保険では不透明であり、保障を厚くするあまり積立金から充ててしまうと、最終的に終身保険の資金がなくなってしまうというケースも考えられるのが特に要注意です。

アカウント型終身保険は、利率変動型積立終身保険とも呼ばれます。積立金には利息がつくのですが、利率はその時その時の経済情勢により変動します。ただし、契約時に取り決めてある保険金や解約返戻金は最低保障されるため、マイナスになるリスクは負わなくてすみます。

期間内で積立を終え、払込期間終了時にそれまで積立てた金額を利用して一時払いの終身保険への切り替えをすると考えるとわかりやすいかもしれません。

払込期間に保障に充てている部分が、定期付終身保険の「定期」部分に当たるわけです。その部分の保障金額が厚ければ、期間内の保険金も大きくなります。しかし積立部分以外は掛け捨てとなり、積立部分のみで終身へ移行、という形です。

かなり複雑な形のアカウント型終身保険ですので、保険初心者の方が何もわからず加入すると大変なことになる可能性もあります。

加入する際は条件などしっかり細かいところまで確認した上で申し込んだ方がいい保険と言えそうです。

 

 - 保険の種類