初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

40代独身男性/既婚男性の保険選び

      2014/06/05

30代になると40歳までの道のりは非常に早く感じることでしょう。

仕事的にも充実してくる時期であり、結婚や子育てなどもあり忙しく動き続けなければいけない年代でもあります。

気が付けば40を過ぎ、40を過ぎてしまえば50歳が目の前に見えてきます。

この年齢層になれば、当然のことながら健康が気になりはじめることでしょう。健康が気になるということは、家族に対する万が一の際の保障も同時に手厚くしていかなければなりません。

独身の場合は、30代までと保険に対する認識は基本的には変わりませんが、年齢が上がってきていることもあり、今現在の健康に対する保障だけでなく、今度は老後のことまで念頭に置く必要が出てきます。

仕事を定年退職したあと、もし一人で生活していくのであればどれだけの資金が必要で、どういう形で毎日の生活を送るようにするのかなど、細かい設計を立てておきたいところです。

年金はいつからどれだけもらえて、生活費にはどれくらい必要なのかなどまで、独身者は一人ですべて考えなければなりません。

医療保険だけでなく、介護保険をも選択肢に入れてみてもいいでしょう。生命保険の必要性が基本的になく子育て費用なども発生しないことから、介護保険に回す分の資金は充分にあるでしょう。あるいは、すべてを貯蓄に回してもいいかもしれません。一人で無駄遣いせずに生活していくのであれば、年齢とともに収入も増えてきているでしょうから、それなりに大きな金額を貯めていけるはずです。

一方で既婚者で家族持ちの場合はそうはいきませんので、毎月の生活費はギリギリの状態かもしれません。子供には相変わらず費用がかかり、家や車のローンなどで貯蓄の余裕はないかもしれません。

それだけに、自分の存在が家庭の中で非常に重要な役割を担っている分、抜けることはできません。万が一に備えるためにはある程度大きな金額を保障してくれる定期保険を用意しておいた方がいいでしょう。

子育てが終わるまでは、この状態が続いていきます。楽しくもあり苦しくもある生涯における「親」としての期間です。

保険の種類によって非常に大きな金額が変わってきますので、資料請求をしたり保険の窓口などを利用した上で比較検討をし、保険選びを実施しましょう。

 - 保険選びと見直し