初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

30代独身女性/既婚女性の保険選び

      2014/06/05

女性は男性よりも婚期が早いため、30代になると結婚に対する焦りが出てくることも多いようです。

アラサーでの婚活がブームになるほど結婚に対する意識は強くなっているものの、結婚したいけれどもいい出会いに恵まれずに30代を迎えてしまうという人も多く、そして30代になると結婚できる確率が一気に下がるのも男性とは違う特徴です。

女性が30代で独身の場合、保険の必要性はやはり低くなります。20代の頃に引き続き医療保険や女性保険中心となり、独り身であればやはり生命保険の必要はありません。

ただ、30代になってくると今後結婚することがあるかどうかが微妙な年齢に差し掛かっており、逆に開き直って結婚に対する意識が一気に薄れているケースも少なくないと思われます。生涯独り身で過ごしていく事を考えるのであれば、用意しておきたいのは個人年金保険です。

公的年金にはある程度期待するとしても、実際自分が定年を迎えた時に今と同じ水準の年金を受け取れるかはわかりません。そうした事態に備えるためには貯蓄をしっかり増やしていくか、または利率のいい個人年金保険で積み立てておくと安心感が増します。

さらに老後の万が一のことを考えて、介護保険も検討の余地がありそうです。生命保険、個人年金保険と同じく、介護医療保険に対しても所得控除がありますので、長い目で見てもお得感もあります。毎月の生活を圧迫しない程度の保険加入は、独り身老後のことを考えれば十分な準備をしておきたいところです。

そして逆に、既に30代になるまでに結婚した人の場合は、やはり保険の必要性の中心は夫側にあり、妻側に対する保険は薄くなってきます。生活に余裕があるのであれば、医療系の保険を検討する程度で、それ以外の保険はとりあえず必要なさそうです。もちろん個人年金保険や介護保険を準備しておいてもいいですが、そこまでせずに貯蓄できる分は貯蓄しておいて、夫に万が一のことがあった時の保障だけはしっかりとかけておくようにした方がいいでしょう。

そろそろ女性系の疾患にも注意しておきたい年齢にも差し掛かりますので、仕事をしていれば健康診断もあるでしょうが、専業主婦の場合でも定期的に健診は受けるようにしておきたいところです。

 - 保険選びと見直し