初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

50代独身女性/既婚女性の保険選び

      2014/06/05

年齢を重ねて気がつけば50代。この年齢で女性が独身の場合、既に結婚は諦めてしまった人が大多数かもしれません。

一生一人で生きていくという決心がついた場合、50代にもなるとできるだけ早めに老後の準備を始めなければなりません。

一方で、50代からでも結婚を諦めず、婚活を続ける人も最近は増えてきているようです。ずっと一人で生活してきた人だけでなく、それまで独り身ではなかったものの50代で配偶者を亡くしたり離婚してしまったりして独り身になった人が、改めての婚活に挑むケースもあります。

そういう50代から婚活を開始して結婚するケースもあることを考えると、50代でも結婚したいと思っている人は諦めずに婚活を継続すれば、それなりにいい出会いに巡り合うことも少なくないのかも知れません。

ただこの年齢でそうした結婚に向ける気持ちが継続できているかどうかによります。完全に気持ちが切れてしまっていたり一人の方がむしろ気楽と思えてしまっていれば、やはり生涯一人の人生が現実味を帯びます。

結婚していても独身であっても、50代での保険に関しては健康に対する保険と老後のための保険が中心になります。この年齢からの保険加入を考えるとどうしても保険料が高くなるので、出来る限り30代前後くらいの段階で未来を想定しつつ保険加入をしておけば、50代では簡単に保障内容の見直しは実施しつつも、基本はそのまま継続していく形になるのではないでしょうか。

その状態で、まだ老後の保障が足りないと感じるようであれば、ここからさらに保険を厚くすることもできますが、そこは状況によります。

何歳まで生きるのかによっても人生における老後の必要保障額は変わってきます。一体自分が何歳まで生きるかなど、自分にも他人にもわかるはずもないですが、ある程度長寿をしてしまったとしても大丈夫なように準備はしておく必要があります。

公的年金と、加えて個人年金保険や貯蓄に加えて、万が一自分が要介護状態になった時のためにも介護保険などにも加入しておけば安心感は増すでしょう。

結婚している場合でも、夫にかかっている保険との兼ね合いを考えなら自らの保障も十分されているのか、老後の心配はないのかなど、残りの人生の設計図を再度見直してみたいところです。

 

 - 保険選びと見直し