初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

公務員のための保険選び

      2014/06/05

自営業や会社勤めと比較して、リストラということがなくもっとも安定的な保障があるのが公務員と言えます。

独身でも結婚している場合でも、保険を検討する際にまず確認しておきたいのは、公的な保障についてです。どういう時にどれくらいの保障があるのかを確認し、その上で足りない部分を補う形での保険活用が最も理想的です。

生命保険や医療保険などは、そのあとで追加で補いたい保険を探してみるといいでしょう。

生命保険であれば、定期保険なのか終身保険なのか、医療保険であればどういう内容の保険にしたいのか、がん保険にするのか女性疾病に強い医療保険にするのかなど、色々な選択肢があります。

老後のことを考えるなら介護保険という選択肢もありますし、運転するのであれば自動車保険は必須です。

家を建てれば火災保険や地震保険も必要となってきます。

基本的には公務員であっても保険の選択肢としては他の業種の人たちと変わりはありません。ただし、貯蓄でまかなえる部分に保険を活用する必要はないので、貯蓄の額がどれくらいあるのかなど、よくよく考えた上で保険料と保険金の額のバランスなどを考えた上で選択していきたいところです。

公務員のメリットとしては極端に収入が増えることもないが極端に減ることもないというところで、ボーナスもある程度安定的に支給されます。年齢が上がっていけば自然と支給額も増えていきますので、子どもにお金がかかる時期になるにつれて、収入もある程度は増えていくはずです。

それでももちろん、子どもがいれば学資保険を活用している家庭も多く、公務員だからといって保険なしで生活していくのはやはりリスクが高くなってしまいます。

適切な保険を適切な額だけかけていくように、保険については早めにある程度学習しておき、資料請求を実施したり相談窓口を活用したりした上で比較検討していくようにしましょう。

 

 - 保険選びと見直し