初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

シングル子持ちの場合の保険選び

      2014/06/05

幸せな結婚生活から一転、離婚して独り身になり、子どもを引き取った場合は、やはり保険を再度見直しをしなければなりません。

まずこの場合のポイントは、「子ども」です。子どもがいれば、子どもに対する保障をまずは完璧にしておく必要があります。

とりあえず必要になってくるのは、自分自身の生命保険であり、万が一自分に何かあった時の保険金受取人を子供に設定した上で加入しておきましょう。

子どもがまだ年齢的に幼すぎるのであれば、信頼できる両親や兄弟に任せるという選択肢もあります。その辺りは家族の間柄や性格を考えて決めておきたいところです。受取人自体は子供が成長してきてから変更することもできますので、状況に応じて設定しておきましょう。

次に、同じく子供のための学資保険も用意しておきたいところです。最低限、子どもが成長して高校、大学を卒業するまでの資金は用意できるように準備しておくと安心です。貯蓄があるのであれば特に学資保険は必要ないですが、少しずつ貯蓄していくということであれば自分に万が一のことがあった時のことも考えて学資保険を活用しておきましょう。

その次に重視したいのは医療保険です。

自分自身の健康に対する保障をかけておきましょう。仕事ができなくなるという可能性を考慮するなら、就業不能保険などもいいかもしれません。長期の入院になる可能性が高いがんに備えるがん保険も検討の余地があります。

とにかく子供のためを思うのであれば、成人するまでの間は元気に働ける状態を維持するのが第一です。それができなくなるという事態に備えるための保険を万全にしておくのがシングル子持ちの場合の保険の考え方です。

老後は、一人での生活になるのか子供が面倒を見てくれることも考えるのかにもよりますが、基本的に一人で生活していけるように準備は欠かせません。貯蓄や年金で間に合わないようなら介護保険なども準備しておいてもいいかもしれません。

万全の準備をするために、各種保険は資料を請求したり無料窓口を利用したりしながら、正しい判断ができるようにしていきましょう。

 - 保険選びと見直し