初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

年収1000万円以上の場合の保険の選び方

   

年収1000万円は、一つの目標であり区切りとなるラインではありますが、このラインを超えると逆に税負担などが増えてしまう、狙われやすいラインでもあります。

1000万円を大幅に超えるのであればともかく、年収1000万ちょうどであれば逆に年収900万円台になるように調整した方が得になるケースもあるようです。

とはいえ年収1000万円あれば少なくとも、例えば年収300万円の世帯よりも生活に余裕があるのは間違いないはずです。どんなに税金を取られても、手元に残るのが年収300万円の世帯より少ないとは考えられません。

それなのに、年収1000万円の世帯の決して楽ではない生活が話題になることがよくあります。年収500万円以下の世帯の人からみると、そんな話は不思議で仕方ないかもしれません。

どう考えても、1000万円ももらえたら、余ることがあっても足りないなんてことはない、と感じる人も多いはずです。

しかし、年収1000万円の世帯には1000万円の世帯らしい生活リズムがあり、生活習慣があります。年収1000万円に慣れると、それに応じた生活の中でのお金の使い方の癖がついてきます。さらには住宅ローンや車のローンなどの固定費を、必要以上に拡大させてしまったりすると、出ていく金額が増え、結果手元に残る金額は実はそれほど多くなくなるということです。

保険もその中に含まれ、いい自動車に乗れば車両保険はかなり負担が重くなりますし、生命保険も医療保険も、子どものための学資保険などまで徹底的に万が一に備えて、と考えるとどんどん保険料は膨らみます。

必要だから外すことができない、と考えていた保険が、実はなくてもいいものなのかもしれません。そもそも世帯で加入している保険の内容すべてを把握できているのかどうかがまず問題です。大切なのは本当に必要なのかを検討することです。

逆に年収が500万円以下の世帯の場合、自動車に関しては必要最低限の車種に乗り、保険も最低限に抑えるという無駄がないことが多いようです。こうした無駄のない生活習慣を年収1000万円の世帯が実践できれば、自然に生活は楽になるはずです。

いつの間にか「当たり前」になっている保険などの固定費や生活習慣を、定期的にしっかり見直すようにしてみましょう。

 

 

 - 保険選びと見直し