初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

誰でも単純明快でわかりやすい保険選び

      2014/06/05

保険の見直しや加入を考えている場合、その複雑さや種類の多さに辟易している人も少なくないでしょう。

事実、保険をしっかり考えていこうとすると、かなりの時間を要しますし、知識を吸収するにもそれなりの労力が必要となります。

もちろんある程度は時間をかけてしっかり考えていくべき事柄でもあるものの、いつ起こるかもわからない不測の事態に備えるために、貴重な時間を必要以上に費やすのはもったいないとも言えます。

だからこそ、ある程度人任せにできるセールスレディや営業社員が勧める大手保険に、内容も理解しないままに加入しているケースが後を絶たないわけです。もちろんそれでもいいのですが、保険を人任せにしてしまうと、人生をトータルして考えた場合、かなり大きな損をしてしまう可能性が非常に高くなります。

目的別、環境別に保険は自分でしっかり確認して選んでいかなければもったいない、というのはそういう理由からですが、最初に挙げたように時間もできるだけかけたくない。そういうときにもっとも簡単な方法があります。

単純明快で誰でもわかる生命保険の選び方です。

それはつまり、「養うべき家族がいる場合に限り、最も保険料が安い定期保険に加入する」という方法です。

終身保険も学資保険も医療保険も介護保険も何も必要ありません。何故なら、それならの保険のすべては、貯蓄でまかなうことができるからです。貯蓄さえあれば、終身保険が担うべき葬式代も出せますし、医療保険で必要となる治療費などもまかなえます。学資保険がなくても貯蓄があれば子供の学費は問題ないですし介護保険がなくても貯蓄があれば老後の生活は安心です。

それらの各種保険に支払う保険料を、すべて貯蓄に回してみましょう。するとどうでしょうか。かなりの金額の貯蓄ができるのではないでしょうか。

唯一の不測の事態、一家の大黒柱の万が一のケースにのみ対応できる定期保険さえあれば、あとはすべて貯蓄でまかなってしまおうという考え方です。

もちろん極論ではありますが、もっともわかりやすくもあります。あれこれ考える必要は皆無です。損するとかしないとか考える必要はなく、とにかく貯蓄していき、まとまったお金を準備しておくことが、保険料を毎月支払っていくことに勝ることもあるのです。

養っていくべき家族がいないときはいっそのこと、保険なしで生活してみるのもありです。その分をすべて貯蓄していけば問題ありません。

色々な考え方があります。この方法は誰でも最もわかりやすい単純明快な初心者のための保険の選び方と言えるかもしれません。

まずはこの考え方をベースとして定期保険を契約しておき、そのあとで余裕が出来た時に各種保険についても調べてみて必要と思える分があれば追加していけばいいのです。貯蓄でまかなえると判断すれば保険を増やす必要もありません。

自分自身が理解できるところから初めて、ゆっくり検討していけばいいのです。今は色々な資料も請求できます。各種保険を、時間があるときに少しずつ理解して、人に頼ったり勧められたりして入るのではなく、あくまで自分で考えて自分で検討した上で選んでいければ理想的です。

 - 保険選びと見直し