初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

中途付加とは

      2014/06/07

生命保険における中途付加は、保険の主契約をそのままにしておいて、現在の契約に特約を付加することを言います。

微妙なニュアンスの違いはありますが、中途増額と基本的には似た意味で利用されているようです。

保険の見直しを実施し、今のままでは足りていないと感じた場合に、中途で特約部分を増額し、付加することによって万が一の保障を大きくしておくことです。

中途付加には、死亡保障を厚くする場合と、医療保障を厚くする場合とがあります。

死後の遺族への向けた保障か、生前の自分に向けた保障かという違いになります。また、本人だけでなく、家族も保障するタイプの特約への変更などができる場合もあるようです。

中途増額同様、中途での特約付加を扱わない会社や商品もあるようですので、加入時にしっかり確認をしておく必要があります。

なお、中途付加時も医師の診査や告知が必要となります。 保険料はその付加時における年齢によって変化します。

他に方法として、中途付加をするのではなく、途中で保険の内容を手厚くしたい時は、まったく別に保険の契約を追加することもできます。

まったく別契約で保険を増やす形にする方が逆にわかりやすく途中での見直しなども動きがとりやすいこともありますので、そこはどちらがいいのかしっかり検討したいところです。

特に生命保険は既に契約をしているものの、医療特約も欲しいという場合や、逆に医療保険はあるものの死亡保障も欲しいという場合などは、特約を中途付加するというよりもまったく別個の医療保険の加入をするという方法が一般的と言えるかもしれません。

保険の見直しにはいろんな要素が絡んできますので、人任せにせずにしっかり基礎くらいは自分で確認した上で思わぬ損をしないように確実に選択したいところです。

 - 保険選びと見直し