初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

生命保険、契約転換の怖さ

      2014/06/07

生命保険には、契約の種類を変更する方法があります。

たとえば現在養老保険に加入しているが改めて終身保険に変更したい、という場合などに、既にある契約の転換価格を新たに加入する保険の保険料の一部に充当して、新しい契約に乗り換えることができます。このことを、契約転換と言います。

わかりやすくいうと、生命保険の下取りのようなものです。

契約転換を実施するには、必要となる条件があり、「元の保険に新しい保険の原資となる積立金がある程度残っていること」と「契約後、一定期間を経過していること」が挙げられます。

もちろん会社や保険商品などによって詳細は異なりますのでそれぞれ確認が必要です。

契約転換は、一見契約内容を変更するだけのようなイメージかもしれませんが、契約を改めて組みなおす形になるため、医師の診査や告知が再度必要になり、新しい契約は加入時の年齢が適用されますので、保険料はその年齢に応じて高くなる可能性があります。加えて、加入するタイミングによって予定利率がかなり下がってしまうこともあります。

さらに契約転換の怖さは、保険会社の営業社員の勧めのままに転換を実施すると、大きなトラブルにつながることもあるという点です。

たとえば、定期付終身保険を転換したところ、定期部分の保障金額は増額されたものの、終身部分が減額されていたというケースだったり、払込期間が延長されたり定期特約が更新型になったりなど、被保険者側に不利になる転換が行われることも少なくないようです。

見直しを実施する際は、特に間違いがないようにしっかりと内容を確認し、できるならば詳しい第三者にも意見を求めたりしながら実施するようにした方が間違いありません。

せっかく非常にいい時代のいい保険に加入していたのに、転換によって今まで積み立てていたものが消えてしまったり、今では考えられない予定利率だったものが、かなり下がってしまったり大きな損をしてしまうようなことがないようにしたいところです。

ちなみに契約転換には、「基本転換」、「比例転換」、「定期保険特約転換」などがあります。

「基本転換」:元の契約の積立金を次の契約の主契約に充当する

「比例転換」:積立金を、次の契約の主契約と特約部分の両方に充当する

「定期保険特約転換」:積立金を、次の契約の特約部分に充当する。

 - 保険選びと見直し