初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

養老保険の特徴と資金運用

      2014/06/07

養老保険の特徴は、被保険者が死亡した時には必ず死亡保険金が支払われる保険であり、さらに、被保険者が保険期間を満了した場合は同じく死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる保険という点です。

何よりも貯蓄性に優れ、保障と同時に老後のための資金を貯めていきたい人にもっとも適している保険と言えます。

ただその分、生命保険の種類の中で「定期保険」よりも「終身保険」よりも毎月の保険料が高く設定されています。毎月の支払いが高いと言っても、最終的に戻ってくる金額と考えれば損をしているわけではないのですが、子育てや人生における様々な転機が訪れた際に、その高い保険料が重くのしかかってくる可能性があります。

資金的な余裕があり、かつ老後の資金を保険と同時に貯蓄目的で運用したいという人に向いている保険と言えます。

仮に途中で支払いが苦しくなった場合はもちろん解約もできます。そして解約返戻金ももちろんあるので、定期保険のように掛け捨てにはなりませんが、やはり途中での解約は元本割れの危険は大きいので、完全な貯蓄目的での運用には向いていません。

もちろん銀行の金利と比べれば、保険の予定利率は昨今の情勢でも悪くはないかもしれませんが、長期間解約できないリスクを考えればやはり貯蓄目的であえて選択することもないかもしれません。

これが、かつて予定利率が5%と非常に高かったバブル期前後であれば、大きなメリットがありました。

その当時の保険は「お宝保険」とも呼ばれ、まだそのまま持ってる人は契約転換などをすることなくそのまま持っておいた方が間違いなく有利になるようになっています。

ですが、超低金利の現在、貯蓄や資金運用というよりも、純粋に生命保険としての保障部分を重視した契約の方が増えており、そもそも養老保険の取り扱い自体がかなり減ってきています。

返戻率の高い学資保険や低解約返戻金型終身保険を養老保険代わりに活用したりすることもでき、そちらの方が一般的になりつつあるようです。

貯蓄及び運用目的の保険であれば、そうした保険の使い方も含めて検討するといいかもしれません。

 - 保険の種類