初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

変額個人年金保険のメリットデメリットとは

      2014/06/07

個人年金保険とは違い、変額個人年金保険は将来受け取ることが出来る年金の額が定額ではなく、その時の経済状況と運用成果によって変動します。

場合によっては運用が好調で元本に利益がついて戻ってくることもあれば、逆に元本割れしてしまう可能性もあります。

投資としての危険性もあるために、定額保険とは別に特別勘定によって運用されます。

ただ、年金支払開始日以降は一般勘定に振替られ、受け取る年金額は確定します。それ以降の年金額は一定となります。

運用益がある場合は複利運用され、年金を受け取るまでは非課税扱いとなる税制上の利点があります。

変額個人年金保険は、投資という意味でおススメできる面のある反面、途中解約のリスクや初期費用がかかる場合があるなど、初めからマイナススタートで、その分を取り戻すにはかなりの長期間解約できなくなるなどの縛りも発生しますので、安易に高利率にひかれて加入しないようにしたいところです。

本当に必要なのか、諸費用やリスク、メリットをすべて確認の上で、加入したい商品と言えます。

通常の個人年金保険同様、変額個人年金保険も個人年金保険料控除を受けることが出来るという利点もあり、定期保険のように掛け捨てになるわけでもなく貯蓄性の高い保険であるため、インフレリスクにだけ目をつぶり、毎月の保険料負担がそれほど重くならないようなら、十分利用していく価値はあると思われます。

各種個人年金保険にも種類がありますので、返戻率などを気にしながらしっかりと選んでいきたいところです。

紙ベースでの資料請求をすると、非常にわかりやすく比較検討をすることが出来ます。通常の生命保険との違い、個人年金の意味も把握した上で、申し込みをしていきましょう。

 - 保険の種類