初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

がんにかかったのに保険金がおりないトラブル

   

がんにかかってしまったけれども、がん保険にしっかり加入していたから安心、と思っていたら、保険金がおりなかった、というトラブルが非常に多いようです。こうしたがん保険に関するトラブルには原因があります。しっかり問題をとらえて、確認をした上でがん保険には加入するようにしたいところです。

そもそも、間違いなくがんにかかったにもかかわらず、保険金がおりないということはあり得ません。もしこれが本当だったら、いくらでも裁判でもなんでも対応する方法はあります。

では、どうして「がんにかかったのに保険金がもらえなかった」というクレームやトラブルが多いのかというと、契約約款の確認不足、という問題が潜んでいます。

例えば、がんはがんでも「上皮内がん」の場合は保険金支払い対象外である、としているがん保険があります。この場合は、たとえがんになっても、それが上皮内がんであれば、保険金は支払われません。そして、その事実は契約約款に必ず記載されています。

どうしてそのような仕組みがあるのかというと、上皮内がんは通常のがんとは違い、それ以上進行する可能性が低いがんであり、治癒率が非常に高いのです。だからこそ、一般的ながんとは対応が異なってくるわけです。

同じように、がんにかかったのに保険金が出ないというケースには、必ず理由があります。

逆に言えば、保険を契約するときに、どういうケースであれば保険金が支払われ、どういうケースであれば支払われないのかという点までしっかりと確認しておく必要があるのです。そうしないと、いざがんにかかった、というときに「このケースでは保険金は支払えません」と言われてしまうのです。

対面式の保険であれば、保険販売員の説明が十分でなかった、という点が問題となります。ネット系の保険であれば、しっかり確認をしないまま加入してしまった、という点が問題になります。

いずれにしても確認不足であり、結果として保険金が支払われることはありません。後の祭り、ということにならないように、保険加入時には重々注意をして、どういう保険に今自分が加入しようとしているのかというところまで、重箱の隅をつついてみるほどに質問を重ね、納得した上で契約するようにしましょう。

 

 - 保険あれこれコラム