初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

クレジットカード付帯の海外旅行保険とは

   

クレジットカードには、カードごとに保険機能が付帯しているものがあります。

レギュラーカードでも保険機能があるものもありますが、主にゴールドカードに付帯していることが多いようです。

保険の内容としては主に、国内旅行や海外旅行時の傷害保険などが中心となっており、他にショッピング利用した際の商品に対する補償などが多くなっています。

カードの不正に対する補償や、紛失・盗難時の不正利用に対する補償はもちろんある程度のクレジットカードに付帯していますが、それとはまったく別の旅行保険がついている場合は、純粋に海外旅行保険や国内旅行保険代わりに活用することもできたりします。

ただ、もちろん純粋な海外旅行保険とクレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償される内容に差があることも当然ありますので、まずはどこまでの補償を求めているのか、クレジットカード付帯保険でどこまで補償してもらえるのか、もし補償が足りないのであれば純粋な海外旅行保険を利用した場合の補償内容はどこまで補償してくれるのかなど、確認が必要です。

基本的に短期間の観光旅行であれば、クレジットカード付帯保険でも補える内容も多くなっています。

ただ、滞在が長期になる場合、たとえばワーキングホリデーや海外駐在などではクレジットカード付帯保険では対応できないケースが多くなります。何故なら、ほとんどのクレジットカードが、付帯の海外旅行保険は90日までしか対応していないからです。ですので、専門の海外旅行保険を検討する必要があります。

まずどうしても必要になる可能性が高いのは、現地で病気をしたり怪我をしてしまったりしたときの「治療費」に対する補償です。治療費・救援費としてセットになっていることも多いようですが、しっかり保険に含まれているか、補償金額はいくらまでなのか、確認しましょう。

その他に、利用する可能性が高い補償としては、携行品に対する補償があります。日本と比較すると、場所にもよりますが海外での盗難リスクは数倍に膨れ上がりますので、補償されていると非常に安心です。

携行品の補償も治療費に対する補償も、クレジットカード付帯海外旅行保険にもついていることが多いですが、補償上限金額や日数の限定があることに注意して、必要十分かどうか検討し、足りない部分は通常の海外旅行保険を検討するようにしたいところです。

 

 - 保険あれこれコラム, 保険の種類