初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

確定拠出年金と個人年金保険の選び方

   

将来の公的年金に対する信頼性の揺らぎと、昨今の増税など日々の支出が増える一方の中で、確定拠出年金が改めて注目されています。

日本版「401K」と言われる確定拠出年金は、2001年から施行開始されている制度で、現役時代に掛け金を納めていき、さらにその掛け金を資金として運用し、その後運用益も合わせた資金を老後に受け取るという仕組みです。

確定給付年金はこの考え片の真逆にあり、将来受け取るべき年金額から確定した掛け金を算出するものであり、将来受け取る額に変動は一切ありませんが、確定拠出年金の場合には掛け金と運用内容次第で将来受け取ることができる金額が変わってきます。

自己責任において運用を行うところに特徴があり、そこがいいところでもあり、リスクでもあります。

税制上のメリットとしては、賭け金が全額所得控除の対象になるなど非常にお得なので、お金を遊ばせておくくらいなら、確定拠出年金を検討してみた方がいいかもしれません。

種類として企業型と個人型があり、自分が働く会社に企業型の確定拠出年金があるのかどうかはそれぞれ、会社に確認してみる必要があります。

個人型の場合はまずは自営業者が主に対象となり、会社員の場合はその務める会社に企業年金等があるかどうかによります。もしある場合は個人型には加入できませんので、企業で用意されている企業年金等や確定拠出年金企業型を検討しましょう。

なお、専業主婦や公務員は加入できません。

掛け金の限度額についても、個人型の場合は自営業者が最大で月額68000円、会社員が月額23000円となっています。

基本的に個人年金保険と内容は似ているものの、個人年金保険を上回るメリットとして挙げられるのがやはり税制面であり、個人年金保険が平成24年加入分からは所得税控除額が年間最大で4万円、住民税控除額が2万8000円とされているのに対して、確定拠出年金の場合は全額控除となります。つまり掛け金が月1万円とするならば、年間で12万円が控除対象となります。

さらには年金受け取り時の税制優遇もあるので、その辺りは個人年金保険よりも有利な点といえます。

ただし、逆にデメリットももちろんあります。個人年金保険はいつでもやめられます。急なお金が必要になった時に解約して積み立ててきた分を返してもらうこともできます。しかし、確定拠出年金は基本的に途中解約はできません。

長い人生で決まった金額を決まった期間しっかり支払っていく必要がありますので、もし万が一途中でお金が必要になったなら、と考えた場合が確定拠出年金の弱みと言えます。

人生設計を考えた時に、どちらが自分にとって有利なのかしっかり比較して、有効な活用をしていきたいところです。

 

 - 保険あれこれコラム, 保険の種類