初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

2014-2015年、注目の山岳保険に加入するには

   

昨今の登山ブームに伴う事故や遭難の増加に伴い、注目を集めているのが山岳保険です。

気軽に登っているつもりであっても、やはり山は山で、予想外の天候変化で下山が難しくなってしまい遭難してしまったりした場合の捜索費用や、予想外の怪我をしてしまった場合の治療費などに対応できます。他にも、救援者の交通費や宿泊費などに対しても保険金が支払われます。

一般的に山岳保険と呼ばれる名前で販売されている保険はほとんどなく、傷害保険の一部として山岳時の事故に対する補償が含まれていたり、国内旅行保険に遭難・救援費用が含まれていたりというケースがほとんどです。

そのため、山岳保険で探してもなかなか見つからないことが多いようです。

一般的な旅行保険及び傷害保険をそれぞれ確認してみて、その中の補償内容に登山中の遭難や怪我などの項目が含まれているのかどうかを確認しましょう。

その他に、少額短期保険として、山岳のみならずレスキュー全般に特化した保険としてレスキュー費用保険なども最近は登場しています。

少額の保険料である程度の補償を得られるところも人気で、それほど頻繁に登山をするわけではないという人の、ちょっとした登山の際には重宝するかもしれません。

山に慣れていないひとほど、道に迷ってしまったり、山の変化についていけなかったり、滑落してしまったり、高山病になってしまったりと色々なトラブルが登山では考えられます。そんな時に、救助された時の費用が補償されるのであれば、ある程度安心して山に臨むことができるのではないでしょうか。

有名どころの山岳保険では、東京海上日動火災保険の国内旅行総合保険に登山時の捜索費用や救援費用なども含まれています。大手保険会社なので安心できるかもしれません。

それぞれ補償内容など、細かく確認してみましょう。

 

 - 2014‐2015人気保険ランキング, 保険の種類