初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

児童手当・子ども手当は毎年変わっている

   

児童手当とは、児童の育成を政府として支援し、家庭の生活を安定させ児童の健全な成長を促すという目的の元、1972年から支給されている児童を対象とした手当となっています。

子育てには何よりお金がかかり、金銭的問題から女性が生涯に産む子供の人数は減り続け、日本は深刻な少子高齢化社会へと突き進んでいます。より一層女性が子どもを産みやすい環境を作る必要性と、子育ての金銭的負担を少しでも減らすべく、児童手当は活用されています。

児童手当の支給額や対象となる児童の年齢などについては、数年ごとに改正を繰り返され、2010年の民主党政権では児童手当は「子ども手当」と名を変えましたが、現在は児童手当へとまた戻っている状態です。

2014年現在の現行制度の元では、児童手当は0歳から3歳未満までは月額15000円、3歳以上から中学生までは月額10000円となっています。※所得制限額 960万円未満。それを超えると月額5000円で固定。

民主党時代に子ども手当として大幅アップが期待されましたが財源不足のために結局公約は実現することなく、気が付けば民主党時代は終わり、子ども手当も児童手当に戻っていたという結末です。

その時その時の政治や時代背景などによって、児童手当はその都度変化していますので注意が必要ですが、子を持つ親であればとにかく児童手当が増額されるにこしたことはないので、そういう方向に法律が変わることを期待するのみです。

とはいえ、この児童手当には非常に大切なメリットがあり、支給される月1万円をそのまま学資保険などに振り分けることができるのです。そのまま積み立ててもいいでしょうが、せっかくなら何も触らなくても勝手にお金が増えていくように返戻率の高い学資保険やその代わりの終身保険などを見つけて活用したいところです。

子どもができたら学資保険を用意しないといけないから月あたりの負担額が大きくなると考えていた人でも、この児童手当があれば今までと大きく支出が変わることなく子供のための保険を組めるのだから、児童手当は子供のために回しやすい形になっていると思います。

子どものための児童手当を有効活用するために、生活費などに間違っても使わないように注意して、しっかり子どもへの資金として運用貯蓄していくようにしましょう。

 

 - 保険あれこれコラム