初心者のための保険選び

初めての保険/保険の見直し/保険を基礎から学習しよう/2015年-2016年保険ランキング

*

台風接近による車への被害に保険は適用されるのか

   

台風が近づいてくると、家はもちろんカーポートに置いた自動車に飛散物が当たらないか、不安に駆られることが多いのではないでしょうか。

完全に四方を囲まれた車庫であればどんなに風が吹いても心配はないでしょうが、屋根があるだけのカーポートの場合はどこから物が飛んでくるかわかりません。

よくあるパターンでは、近所や隣の家の瓦が飛んできて、自動車にぶつかってガラスが割れたりボディが傷ついてしまった、というケースが考えられます。

そんな時に、自動車の自賠責保険では修理代金を補償されることはありません。では、任意保険ではどうでしょうか。

任意の自動車保険の場合、その保険の中で「車両保険」に加入しているかどうかで補償内容が変わってきます。

車両保険に加入している場合、基本的には車両に対する補償が発揮されるわけですが、車両保険にも種類が三種類あります。

・一般タイプ

・エコノミータイプ(車対車+A)

・エコノミータイプ

この中で、もっとも補償が手厚いのが一般タイプで、相手が特定できる状態での他車との衝突や、自損事故、当て逃げ、自然災害、盗難などまで、幅広く補償してくれます。ただし、補償が手厚い分当然のことながら保険料は高く設定されています。

エコノミータイプは、逆に保険料を抑えて最低限の補償だけをつける車両保険になっています。補償されるのは、相手が特定できる状態での他車との衝突事故に限られ、自損事故や当て逃げは補償されません。さらに、自然災害や盗難も補償されないため、本当に最低限となっています。

エコノミータイプ(車対車+A)は、エコノミータイプに自然災害と盗難に対する補償を付けた車両保険で、ちょうど一般タイプとエコノミータイプの中間に位置しています。

台風などの災害に備えるためには、エコノミータイプ(車対車+A)以上でなければ補償されないため、注意が必要です。台風による損害だけでなく、洪水や高潮などによる損害、火災による損害なども補償されます。注意点としては、一般的な生命保険同様、地震や噴火による損害は免責事項に入っていて補償されない可能性があるというところです。

自動車保険の保険料を抑えるポイントとして真っ先に挙げられるのが、この車両保険です。車両保険があるかないかで、保険料はかなり違います。補償される金額も車種や年数によって変わってきますので、車両自体が既に年数が経っている場合は、トラブルが発生した時には修理ではなく買い替えるというレベルであれば、車両保険はそもそもつける必要がない場合もあります。

自分の自動車の車種や購入してからの年数など、状況に応じて車両保険は選択していくようにしたいところです。

 

 - 保険あれこれコラム, 保険の種類